3分の1の規制のないローンってあるの?

平成22年6月に施行された貸金業法によって、
貸金業者に対して総量規制の制限が課せられるようになりました。
総量規制は個人の借入総額が、原則として年収等の3分の1までに
制限される仕組みのことを指します。

法律施行の目的は身の丈以上の借入に起因する多重債務者の発生防止でした。
ただ、この年収の3分の1という借入金額の上限制限によって、
非正規で勤務している人の借入可能枠が非常に低くなったり、
専業主婦や無職といった状態では年収が無いために、
実質的に借入をすることができなくなりました。
専業主婦の場合、配偶者の年収証明書類と同意があれば
借入を行うことも可能ですが、ハードルは高く実質的には借入が困難です。

総量規制は賃金業者が対象!銀行カードローンなどは対象外

しかし、この総量規制の3分の1という制限が課せられるのは
貸金業者からの借入のみです。
そのため、貸金業者ではない金融機関からのローンに対しては
この制限によって借入総額が抑制されるという問題はありません。
貸金業者ではない金融機関としては、銀行や信用金庫、農協、郵便局、労金などがあり、
これらの金融機関が提供しているローンサービスに対しては
年収の3分の1を超えてもお金を借り入れすることができます。

なお、制限される対象となっているのは個人に対する貸付のみですので、
個人が事業資金としてお金を借り入れる分については3分の1の規制の対象外となっています。
また、家や自動車の購入に関する借入については借入額の計算には含まないことになっています。

キャッシングについて